メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 女子マラソン 野上、粘って銀

2位でフィニッシュし日の丸を広げ、観客の声援に応える野上恵子=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 (第9日・記録は共同など)

 陸上の女子マラソンで、野上恵子(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。昨年の世界選手権を制したローズ・チェリモ(バーレーン)が2時間34分51秒で優勝した。日本は前回の仁川(韓国)大会の木崎良子(ダイハツ)の銀に続き、2大会連続のメダルを獲得した。

 「粘り強さ」が身上の32歳のベテランが気温29度、湿度72%(フィニッシュ時)の厳しい条件で奮闘した。2020年東京五輪へ存在感を示し「目指してきたメダルを取ることができてほっとした」と満面の笑みだった。

 25キロ過ぎでチェリモのペースアップに気づくのが遅れて対応できず、引き離された。その時点で北朝鮮の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです