メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自衛官の案内で多用途支援艦「ひうち」に乗り込む高浜町音海地区の住民ら=福井県高浜町の内浦港で2018年8月26日、高橋一隆撮影

 関西電力の大飯原発(福井県おおい町)と高浜原発(同県高浜町)で同時に事故が起きたことを想定した原子力防災訓練は最終日の26日、陸路での移動が困難な半島部の住民を対象とした避難訓練もあった。高浜原発に近接する高浜町音海地区ではヘリコプターや船舶による訓練が実施されたが、住民からは「好天だからできたのでは」と疑問視する声も聞かれた。

 高浜原発の半径3キロ圏内に位置する音海地区は、音海半島突端部に広がる集落に約130人が暮らす。半島…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです