メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太地町

反捕鯨活動家が減少 イルカ漁9月1日解禁

臨時交番が設置された和歌山県太地町畠尻湾=2015年11月28日、本社ヘリから森園道子撮影

 「古式捕鯨」発祥の地とされ、イルカ漁を巡って妨害活動にさらされてきた和歌山県太地町で、来町する反捕鯨団体の活動家が減っている。ピークの2013年度には町内で200人が確認されたが、17年度は50人となり、地域は一見、平穏を取り戻しつつあるように見える。ただ、トラブルへの懸念は完全には払拭(ふっしょく)されておらず、9月1日の漁解禁を控え、県警や地元機関は警戒に本腰を入れる。【黒川晋史】

 反捕鯨団体の活動が活発化したのは、漁を隠し撮りした米映画「ザ・コーヴ」が2010年に上映されたのが…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです