メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー

東京都心で自動運転実証実験 営業走行は世界初

自動運転タクシーの公道営業実証実験で、スマ-トフォンをかざして解錠する一般公募で選ばれた親子=東京都千代田区で2018年8月27日午前9時5分、玉城達郎撮影

 タクシー大手、日の丸交通とロボットベンチャーZMPは27日、自動運転車両を用いたタクシーサービスの実証実験を東京都心の公道で始めた。乗客から運賃を徴収する営業走行は世界初。東京五輪・パラリンピックを見据え、2020年の無人タクシー実用化を目指す。

 実験車両には安全のため、運転席に運転手、助手席に技術者が乗車。東京・大手町の出発地点では、専用アプリで予約した家族連れ3人がスマートフォンを車両にかざしてドアを解錠した。

 アクセルやハンドル、ブレーキはシステムが操作し、同・六本木までの約5.3キロを走行。運賃は1500円で、支払いもスマホで行う。

 実験は9月8日までで、抽選で選ばれた人を乗せて同区間を1日4往復する。交通量の多い都心で実際に客を乗せて走ることで、サービス面での課題を検証する。無人タクシーの実用化で運転手不足を補いたい考えだ。【松本尚也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです