メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー

東京都心で自動運転実証実験 営業走行は世界初

自動運転タクシーの公道営業実証実験で、スマ-トフォンをかざして解錠する一般公募で選ばれた親子=東京都千代田区で2018年8月27日午前9時5分、玉城達郎撮影

 タクシー大手、日の丸交通とロボットベンチャーZMPは27日、自動運転車両を用いたタクシーサービスの実証実験を東京都心の公道で始めた。乗客から運賃を徴収する営業走行は世界初。東京五輪・パラリンピックを見据え、2020年の無人タクシー実用化を目指す。

 実験車両には安全のため、運転席に運転手、助手席に技術者が乗車。東京・大手町の出発地点では、専用アプリで予約した家族連れ3人がスマートフォンを車両にかざしてドアを解錠した。

 アクセルやハンドル、ブレーキはシステムが操作し、同・六本木までの約5.3キロを走行。運賃は1500円で、支払いもスマホで行う。

 実験は9月8日までで、抽選で選ばれた人を乗せて同区間を1日4往復する。交通量の多い都心で実際に客を乗せて走ることで、サービス面での課題を検証する。無人タクシーの実用化で運転手不足を補いたい考えだ。【松本尚也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです