メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

御嶽海、大関取り「あえて考えず」秋場所番付発表

記者会見で新番付表を手に笑顔を見せる御嶽海=東京都墨田区の出羽海部屋で2018年8月27日午前10時半、和田大典撮影

 日本相撲協会は27日、大相撲秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。7月の名古屋場所で初優勝し、3場所ぶりに東関脇に就いた御嶽海は、東京都墨田区の出羽海部屋で記者会見し、「あえて何も考えず、いつも通りの自分で、しっかり調整していきたい。上への意識はあるが、まずは勝ち越しを目指したい」と、大関昇進がかかる秋場所への意気込みを語った。

     新大関だった名古屋場所で途中休場して負け越した栃ノ心は、秋場所で初のカド番を迎える。大関2場所目でのカド番は、現行制度となった1969年名古屋場所以降では、2000年秋場所の雅山以来8人目となる。

     小結には貴景勝が4場所ぶりに復帰。昨秋の元横綱・日馬富士による傷害事件で被害を受けた貴ノ岩が5場所ぶりに幕内に返り咲いた。新入幕は23歳の隆の勝で、千賀ノ浦部屋からは11年秋場所の舛ノ山(現舛乃山)以来となった。【飯山太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
    4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです