メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

インドネシア野球「育ての親」の日本人監督

野球のインドネシア代表チームの選手に指導する野中寿人さん(右)=本人提供

 【ジャカルタ円谷美晶】ジャカルタ・アジア大会の野球競技には、地元・インドネシアも出場している。育ての親ともいえる日本人指導者の野中寿人(かずと)さん(57)が延べ9年にわたり代表監督として強化に尽力してきた。一度は失った野球への情熱をインドネシアで取り戻した野中さんは「もっと底上げをしていきたい」と夢を膨らませている。

 野中さんは東京・日大三高時代には捕手として甲子園に出場したが、日大では指導方法への反発などから情熱…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1136文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです