メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山県9秒台に7センチ足りず 計測の仕組みは

ジャカルタ・アジア大会陸上男子100メートル決勝のタイムと着順を判定する写真。右端が9秒92で優勝した蘇炳添。その左上が10秒00で3位に入った山県亮太。山県の手前は2位のT・オグノデ=大会公式ホームページから

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会で26日、陸上男子100メートルの山県亮太(26)=セイコー=が10秒00の自己タイ記録で銅メダルを獲得した。自身初、日本選手2人目の9秒台にわずかに届かなかった結果には、記録計測の仕組みも関係している。

 決勝の公式記録には山県の「10秒00」の横に「.997」と付記され、同じ10秒00で2位のT・オグノデ(24)=カタール=には「.995」とあった。これは、詳細な計測では山県が9秒997、T・オグノデが9秒995だったことを意味する。

 陸上のトラック競技の記録と着順は、1秒間に1000コマ以上の高速でフィニッシュライン上を撮影し、そ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです