メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三河一色大提灯まつり

時代絵巻、幻想的に 愛知・西尾

にぎわう境内に飾られた大提灯=愛知県西尾市一色町の諏訪神社で2018年8月26日午後7時1分、兵藤公治撮影

 時代絵巻を描いた大提灯(おおぢょうちん)が幻想的にともる「三河一色大提灯まつり」が26日、愛知県西尾市一色町の諏訪神社で始まった。

     約450年前、海魔(台風)を追い払うため、大かがり火を燃やしたのが始まりとされる。江戸時代に提灯へと変わり、やがて大きいもので高さ約10メートル、直径約5.6メートルにもなる12張りの大提灯を柱からつり下げ飾るようになった。

     午後7時すぎ、大提灯内の高さ約1.2メートル・重さ約80キロの巨大ろうそくに明かりをともす「火入れ式」が行われ、まつりはクライマックスを迎えた。

     27日まで。神社は2日間で約10万人の人出を見込んでいる。【亀井和真】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
    5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです