メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

錦織「自分から仕掛けるテニスをしたい」

2年ぶりの全米オープンに向けて意気込みを語る錦織=ニューヨーク市内のホテルで2018年8月26日、浅妻博之撮影

 【ニューヨーク浅妻博之】27日に開幕するテニスの4大大会最終戦、全米オープンに出場する男子シングルスで第21シードの錦織圭(日清食品)が25日、ニューヨーク市内のホテルで記者会見し「攻めるのが自分のスタイルなので、自分から仕掛けるテニスをしたい」と意気込みを語った。

     錦織は昨年、右手首のけがで欠場し、2年ぶりの出場となる。「フレッシュな状態で戻ってこられたのは、不安もあるけど楽しみな気持ちの方が大きい」と素直な心境を口にした。その上で「いいテニスができれば自信もついてくる。(目標を)どこまでというより1試合ずつ戦いたい」と語った。

     今年1月にけがから復帰し、全仏オープンは4回戦、ウィンブルドン選手権では8強入りした。しかし、直近の2大会は1、2回戦敗退と結果を出せていない。28日(日本時間29日)の1回戦で初対戦するマクシミリアン・マルテラー(ドイツ)戦に向け、「粗さはあるがサーブもショットも強力」と警戒した。

     女子シングルスの第20シードで臨む大坂なおみ(日清食品)も記者会見し、「経験も増えて上を目指せるようになっている。楽しんでプレーしたい」と抱負を語った。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
    3. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
    4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
    5. 福浦2000安打 美しい打撃、スカウトがほれた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです