メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ケンブリッジ敗退 100m準決勝

陸上男子100メートル準決勝で3着でフィニッシュし、決勝進出を逃したケンブリッジ飛鳥=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル準決勝があり、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒36(追い風0.2メートル)で2組3着となり、敗退した。3組の山県亮太(セイコー)は10秒10(追い風0.9メートル)の1着で決勝に進んだ。

 ケンブリッジは今季の不振を象徴するように、持ち味の後半の爆発力が影を潜めた。アジアタイ記録の9秒91を今年6月に2度マークした同組1着の蘇炳添(中国)に0.2秒差をつけられた。

 昨年は不本意なシーズンだった。日本選手権は右太もも裏に違和感が出て3位。調子が戻らずに世界選手権は…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  3. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  4. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  5. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです