メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

三つどもえの争いから独走へ マラソン野上銀

2位でフィニッシュし日の丸を広げ、観客の声援に応える野上恵子=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の女子マラソンがあり、野上恵子(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。昨年の世界選手権を制したローズ・チェリモ(バーレーン)が25キロ過ぎで抜け出して独走し、2時間34分51秒で優勝した。日本は前回の仁川(韓国)大会の木崎良子(ダイハツ)の銀メダルに続き、2大会連続のメダルを獲得した。

 「粘り強さ」が身上の32歳のベテランが気温29度、湿度72%(フィニッシュ時)の厳しい条件で奮闘し…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文812文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです