メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

三つどもえの争いから独走へ マラソン野上銀

2位でフィニッシュし日の丸を広げ、観客の声援に応える野上恵子=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の女子マラソンがあり、野上恵子(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得した。昨年の世界選手権を制したローズ・チェリモ(バーレーン)が25キロ過ぎで抜け出して独走し、2時間34分51秒で優勝した。日本は前回の仁川(韓国)大会の木崎良子(ダイハツ)の銀メダルに続き、2大会連続のメダルを獲得した。

 「粘り強さ」が身上の32歳のベテランが気温29度、湿度72%(フィニッシュ時)の厳しい条件で奮闘し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです