メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

高橋・松友組、決勝へ バドミントン女子複

 ジャカルタ・アジア大会の第9日は26日、バドミントン女子ダブルス準決勝があり、2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が21-15、21-17で世界ランキング4位のポリー、ラハユ組(インドネシア)にストレート勝ちした。この種目で1970年バンコク大会の相沢マチ子、竹中悦子組以来、48年ぶりの金メダルを懸けて決勝に挑む。

     同1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)は同3位の陳清晨、賈一凡組(中国)に17-21、8-21でストレート負け。3位決定戦が行われないため、銅メダルが確定した。【村上正】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
    2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
    3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
    4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです