メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

J1

久保、17歳とは思えない勝負強さ発揮

 ○横浜マ2-0神戸●(26日)

     17歳の逸材が光り輝いた。横浜マの久保がJ1初先発で初ゴールを決めた。2004年に森本貴幸(当時・東京ヴ)がマークした15歳11カ月に次ぐ歴代2位の年少記録。出場機会を求めて移籍したばかりで「良いこと尽くし。ビギナーズラックにならないよう励みたい」と謙虚に喜んだ。

     後半11分、中盤でパスを受けて素早いドリブルで駆け上がり、右サイドの松原へ展開。ゴール前で折り返しを受けると、左足でゴール右隅に正確なシュートを決めた。神戸が優勢にボールを支配する中、厳しいマークを受けながらも数少ない好機をものにした。

     スペインの名門バルセロナの下部組織で腕を磨いた。15年春に帰国し、J3のFC東京U23(23歳以下)でJリーグ史上最年少出場、最年少得点記録も作った。16歳だった昨年11月にトップチームに昇格したが、J1では4試合の途中出場にとどまり、なかなか出場機会に恵まれなかった。

     バルセロナで主将も務めたイニエスタの目の前で見せた記念すべきゴールにも、「自分とは天と地ほどの差がある。その差を1ミリでも埋められたら」と久保。その姿勢があれば、今後もさらなる進化を遂げるはずだ。【佐藤裕太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
    2. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    5. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです