メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

山県、悔しい銅 男子100m

 陸上の男子100メートル決勝で、山県亮太(セイコー)が10秒00(追い風0.8メートル)で銅メダルを獲得した。日本勢では2014年の仁川(韓国)大会の高瀬慧(富士通)の銅メダルに続く2大会連続のメダル獲得となった。蘇炳添(中国)が9秒92の大会記録で優勝した。

 大舞台で理想のレースは展開できた。スタートから低く飛び出し、中盤で加速する。しかし、二つ右のレーンを走る蘇炳添は終始、先を行き、背中には届かない。T・オグノデ(カタール)にも競り負け、自身が持つ日本歴代2位タイと同じタイムをたたき出したが3位に終わり、思わず両手を膝についた。「少し残念だが精いっぱいのレースができた。金メダルを狙っていたので悔しいけどメダルを取れたのでうれしい」と複雑な胸中を話した。

 前日の予選でT・オグノデにスタートからリードを許して先着されると、自ら映像を見返して一晩で修正した…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです