メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/1 素の日本、あらわ 30年を振り返る--3人の識者

座談会に参加した(左から)東大名誉教授の三谷太一郎氏、作家の高村薫氏、慶大教授の小熊英二氏。手前は小松浩主筆=東京都千代田区で2018年8月10日、佐々木順一撮影

 明治があって大正、昭和と続き、いま、私たちは平成という時代を生きている。淡々と流れる西洋の暦は便利だが、年号は日本人の記憶の形成と結びつき、その時間感覚から離れられない。来春に迫った平成の終わりに向け、30年を振り返り、より良い明日を考えていきたい。第1部では、3人の識者が語り合う。(司会は小松浩主筆、題字は書家・石飛博光氏)

この記事は有料記事です。

残り8558文字(全文8723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです