メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

幸せの国から初女子ボクサー ブータン代表・ラモ スパーリング相手なく初戦敗退

ブータン初のボクシング女子代表としてアジア大会に出場したタンディン・ラモ(左)=2018年8月26日

「もっと練習し勝ちたい」

 【ジャカルタ武内彩】ジャカルタ・アジア大会のボクシング競技に、「幸せの国」ブータンから初めて女子選手が出場した。普段は首都ティンプーで学生生活を送るタンディン・ラモ(20)。26日のフライ級初戦で敗れ、「もっともっと練習しないと世界では戦えない」と悔しさを募らせたが、同国のボクシング史に新たな一歩を刻んだ。

 ブータンはスポーツが盛んとは言えず、ラモは「女子選手が少なくて、スパーリングの相手もいない」と嘆く…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文853文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです