メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

幸せの国から初女子ボクサー ブータン代表・ラモ スパーリング相手なく初戦敗退

ブータン初のボクシング女子代表としてアジア大会に出場したタンディン・ラモ(左)=2018年8月26日

「もっと練習し勝ちたい」

 【ジャカルタ武内彩】ジャカルタ・アジア大会のボクシング競技に、「幸せの国」ブータンから初めて女子選手が出場した。普段は首都ティンプーで学生生活を送るタンディン・ラモ(20)。26日のフライ級初戦で敗れ、「もっともっと練習しないと世界では戦えない」と悔しさを募らせたが、同国のボクシング史に新たな一歩を刻んだ。

 ブータンはスポーツが盛んとは言えず、ラモは「女子選手が少なくて、スパーリングの相手もいない」と嘆く…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. 日比谷線・中目黒駅で人身事故 2万人に影響
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  5. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです