メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 東京大教授・本田由紀さん

本田由紀さん=東京都練馬区で2018年8月17日、和田大典撮影

能力偏重の発想、脱却を

 森の中でセミが鳴き続けている。ここは東京・練馬にある築150年の古民家。部屋では若者たちが討論している。東京大のゼミで教育社会学を研究する学部生と大学院生、約10人だ。

 「調査対象者の特徴に共通点と相違点が入り組んでいますから、項目を切り分けて整理する必要があります」

 中国人留学生の恋愛観を調査しようとしている学生に、指導教授の本田由紀さん(53)が助言した。このゼミでのテーマは自由。本田さんも学生が選んだテーマに基本的に「ダメ出し」をしない。多くの学生は「いい大学に入るため」の勉強に追われてきたが、自分の問題意識に基づいて追究する機会に恵まれてこなかったと思うからだ。

 自身もそうだったかもしれない。香川県で進学校の普通高校に通っていたが、選挙の仕組みや消費者にとって…

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです