メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 住まいの確保、不透明 仮設住宅19年度末で終了 全町避難の大熊、双葉除き /福島

 東京電力福島第1原発事故で大熊、双葉両町を除く地域からの避難者への仮設住宅無償貸与が、2019年度末までに全て終了することになった。県が27日、帰還困難区域を含む浪江、富岡、葛尾、飯舘の4町村について同年度末での打ち切りを発表した。帰還困難区域の避難者に期限が示されたのは初めてで、避難者がどのような形で住宅を確保できるのかは不透明だ。

 県によると、19年度末での打ち切り対象は、葛尾村の帰還困難区域(9世帯)と飯館村の同区域(36世帯…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1142文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです