メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 臨床心理士の友人たちと「信じる者は救われるのか」という話をよくする。人間の心や生命に関してはまだまだ分からないことが多い。ときどき「生まれる前の記憶がある」「死後の世界が見える」などと言う人もいて、「そういう世界を信じてみましょう」と助言するカウンセラーもいるそうなのだ。

 私は「科学が証明できないものは信じられない」というタイプなので、「ええー? 目には見えない世界の話をカウンセリングでするなんておかしいよ」と思わず言ってしまった。すると友人に「でも、そういう話で救われる人がいるのも確か。それに生まれる前の世界はない、とまだ証明されたわけじゃないし」と反論された。

 学生たちはパワースポットの話が好きで、「あそこの大木の前で写真を撮ると就職活動がうまくいくらしいよ…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです