メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡のバイオリニスト

希望の音色、届ける 脳性まひの式町さん「寄り添うことが目標」 /大阪

バイオリニストの式町水晶さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、安田美香撮影

 脳性まひと闘い「奇跡のバイオリニスト」といわれる式町水晶(みずき)さん(21)が7月、大阪市西区の京セラドーム大阪であったプロ野球オールスターゲームで「君が代」を演奏し、約4万人の大観衆から喝采を浴びた。元気でステージに立つため、今もトレーニングが欠かせない。【安田美香】

 アスリートのように引き締まった筋肉質の体。はつらつと、冗舌に語る。

 3歳で脳性まひの診断を受けた。リハビリをしないと手足の筋肉が萎縮するという。目にも障害がある。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1257文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです