メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風景を歩く

闘鶏神社 龍神山向いた本殿と社殿 /和歌山

突然の雷雨に洗われた境内=和歌山県田辺市東陽で

 熊野三山の支配者の1人だった田辺別当の湛増(たんぞう)は、白い鶏7羽と赤い鶏7羽を田辺の新熊野(いまくまの)の権現社で闘わせたが、赤い鶏はことごとく負けて逃げてしまったので、「さてこそ源氏へ参らんと思ひさだめけれ」と、平家に与(くみ)したむかしもあるものの源氏に加勢した経緯を、「平家物語」は明かしている。

 新熊野権現社を闘鶏(とうけい)神社と改めたのは、1868年の神仏分離令によるもので、このような社名…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです