メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 悔いのない最期のために/中 /福岡

 ■今回のテーマ 悔いのない最期のために

 「悔いのない最期のために」をテーマに7月7日、北九州市小倉北区の井筒屋で開かれた第224回患者塾。「延命治療をしたくない」という希望は受け入れられるのか。意思を遺言に反映させるには。医師ら専門家が実情や仕組みを説明した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆北九州市の女性(73)

 「延命治療はしないで」という言葉で、意思は通じますか。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1777文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです