メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

猛暑の夏の甲子園 効果的な熱中症対策を=安田光高(大阪運動部)

沖学園-北照戦で九回表の守備中に足がつった北照の岡崎翔太左翼手(左)=阪神甲子園球場で6日、津村豊和撮影

 21日閉幕した第100回全国高校野球選手権記念大会は大阪桐蔭(北大阪)が今春センバツ大会に続いて優勝し、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。入場者は16日間で101万5000人に達し、史上初めて100万人を超える大盛況だった。だが、残念だったことが一つある。猛暑の影響なのか、例年以上に試合中に足がつる選手が目立ち、試合にも影響を与えたことだ。酷暑の中で大会をどう開催すべきかを考えたい。

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです