メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・the・World

南スーダン和平、今度こそ? 予想される妨害行動、根深い民族間対立=回答・小泉大士

 なるほドリ 南スーダンの政府と反政府勢力が暫定政権をつくることで合意したね。

 記者 はい。キール大統領とマシャール前第1副大統領、ほかの反政府勢力の代表らが8月5日、停戦後の権力分担や治安維持に関する文書に署名しました。これは破綻状態にある2015年の和平協定を「再活性化」させようというものです。昨年末から交渉を重ね、ようやくここまでこぎ着けました。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです