メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人民元

4日ぶり上昇 当局の抑制措置が影響

 【上海・共同】27日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで4営業日ぶりに上昇し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が、前週末比0・91%高の1ドル=6・8171元となった。当局が過度な元安を食い止めるための措置を再開したことが影響したとみられる。

 市場関係者は「(措置により)元高圧力が一定程度働くだろう」と指摘。ただ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです