メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

バドミントン 女子ダブルス タカマツ、収穫の銀 五輪連覇へ進化の途中

女子ダブルス決勝で中国ペアと対戦し、第2ゲームで相手にスマッシュを決められる高橋(右)、松友組=宮間俊樹撮影

 (第10日・記録は共同など)

 女子ダブルス決勝があり、2016年のリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は17年世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組(中国)に敗れ、2大会連続の銀メダル。この種目の日本勢では、1970年バンコク大会の相沢マチ子、竹中悦子組以来、48年ぶりの優勝はならなかった。

 第2ゲーム、20-21で中国ペアのマッチポイント。最後まで強気に打ち込み続ける相手ペアにスマッシュ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです