メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子100メートル 山県、10秒00で銅 9秒台、進む高速化

陸上男子100メートル決勝、3位でフィニッシュする山県(右端)。左から2人目は優勝した中国の蘇炳添=徳野仁子撮影

 (第10日・記録は共同など)

 26日行われた男子100メートル決勝は、史上まれに見る高いレベルのレースとなった。蘇炳添(中国)が出した大会新記録の9秒92は昨年のロンドン世界選手権決勝でのジャスティン・ガトリン(米国)の優勝タイムと同じ。アジア大会での9秒台は2014年仁川大会(韓国)のフェミセウン・オグノデ(カタール)の9秒93のみ。山県亮太(セイコー)の出した自己記録タイの10秒00は10年広州(中国)大会以前では優勝に相当する。

 山県は得意のスタートでリードするイメージを持っていたが、出だしから蘇炳添が先行した。蘇炳添の中盤か…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです