メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手男子組手84キロ級決勝、攻める荒賀(奥)=徳野仁子撮影

 (第10日・記録は共同など)

 男子組手84キロ級が行われ、2016年世界選手権優勝の荒賀龍太郎(荒賀道場)が2大会連続で金メダルを獲得した。日本勢の組手での連覇は大会史上初。

 世界王者が、男子組手メダルゼロの危機を救った。ここまでの2人はいずれも3位決定戦にも勝ち上がれず敗退。悪い流れを止める優勝を決めた荒賀は「ほっとした」と本音をもらした。

 試合のマットに上がった時から「(相手との)間合いが合わない」と感じていた。決勝では開始1分半ごろに…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです