メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Suka!ジャカルタ

アジア大会 空手男子組手60キロ級=ラオス ポンパッサー・ラッサーシマー(23)

=徳野仁子撮影

「大和魂」胸に、初勝利

 東南アジア最後の秘境と呼ばれ、仏教が盛んなラオスは「今を幸せに思え」がモットー。平和を好む優しい国民性に、日本人ボランティアの原泰富さん(62)が空手の技術と大和魂を注入して、初出場のアジア大会で初勝利をあげた。

 26日の1回戦。開始43秒でイエメンの選手の腰に全力で突きを決めて先制。相手にポイントを与えずに勝った。2回戦は動きの鋭いマレーシア選手と残り1分を過ぎて0-4。最後まで逆転を狙いポイントの大きい蹴り技を出し続けた。敗れたものの意地を見せた。

 10歳で空手を始めた。日本人の指導者が長く不在で、原さんが昨年6月に初めて出会ったときは「相手が強…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです