メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「追放」の30代日本人男性、出国の確認取れず

 【北京・共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日夜、最近訪朝した日本人観光客が北朝鮮の法に違反する罪を犯し、関係機関の取り調べを受けたが、人道主義に基づき国外追放を決めたと報じた。

     日本の外交筋によると、27日までに解放され経由地の中国に到着したとみられるが、北朝鮮関係筋は確認しておらず、情報が錯綜(さくそう)している。日本政府は帰国させるための準備を急いでいる。菅義偉官房長官は27日の記者会見で「事柄の性質上、具体的なことは控えたい」と述べた。

     今月上旬、西部の港湾都市・南浦で拘束された30代の男性とみられ、日本政府が早期解放を求めていた。北朝鮮は日本政府の要請に応じた形だが、拉致問題などを巡る日朝対話の再開につながるかどうかは不透明だ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです