メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

安心のために/1 挑戦、脱マニュアル医療 患者の幸せを優先

森田洋之さん(中央)や中村しのさん(左端)と談笑しながら食事を取る中村ヱイコさん=鹿児島市で7月

 7月下旬、鹿児島市の医師、森田洋之さん(46)は、4月から担当している中村ヱイコさん(82)宅に訪問診療で訪れていた。診察が終わると、看護師の中村しのさん(36)も交えての食事会に。胃を3分の2切除し、日ごろはあまり食の進まないヱイコさんも太巻きや卵焼き、金時豆などに箸を付けた。

 「こんな先生は初めて……」。ヱイコさんが目頭をぬぐった。体を診るだけでなく、生活に張りが出るように、との森田さんの気遣いがうれしかった。

 在宅の患者を支える医師は、病気だけでなく生活全般にも目配りすべきだというのが森田さんの考え方だ。家…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです