メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 少し引いた視点で物語を構成するうまさは、さながら「現代の清少納言」--。漫画家さくらももこさんは、そのほんわかとした画風、思い出し笑いを誘うようなセンスが光る、表現力豊かな作家だった。

 1986年に連載が始まった「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子は、朝寝坊で忘れ物が多く、怠け者でお調子者。その姿は「休み時間や放課後に、友達と遊ぶのが大好きだった」という、さくらさんそのものだ。彼女の才能が花開くきっかけとなったのは、物の見方や文章力だった。

 さくらさんは高校生の頃から少女漫画誌に恋愛漫画の投稿をしていたが、評価を得られなかった。そんな中、…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです