メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さくらももこさん死去

「現代の清少納言」

 少し引いた視点で物語を構成するうまさは、さながら「現代の清少納言」--。漫画家さくらももこさんは、そのほんわかとした画風、思い出し笑いを誘うようなセンスが光る、表現力豊かな作家だった。

 1986年に連載が始まった「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子は、朝寝坊で忘れ物が多く、怠け者でお調子者。その姿は「休み時間や放課後に、友達と遊ぶのが大好きだった」という、さくらさんそのものだ。彼女の才能が花開くきっかけとなったのは、物の見方や文章力だった。

 さくらさんは高校生の頃から少女漫画誌に恋愛漫画の投稿をしていたが、評価を得られなかった。そんな中、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです