メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

被災地思って駆ける インドネシア・ロンボク島出身 ゾフリ選手

アジア大会陸上男子100メートルで決勝に進んだインドネシアのゾフリ=ジャカルタで26日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ武内彩】26日のジャカルタ・アジア大会の陸上男子100メートル決勝でインドネシアのラル・ムハンマド・ゾフリ(18)が7位となった。7月末から大地震が相次ぎ、550人以上が死亡したインドネシア中部ロンボク島出身。10秒20と自己記録を更新し「走る姿を見て、つらい状況や悲しみが和らげば」と被災地に思いを寄せた。

 ロンボク島では、7月29日から今月19日にかけてマグニチュード(M)6を超える地震が4回発生。これ…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです