メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山の庭園

「元気届けたい」原発事故で廃園のバラ園再現

氷見あいやまガーデン内に「双葉バラ園」を再現しようと奮闘する増井俊一社長=富山県氷見市で2018年8月25日、鶴見泰寿撮影

 東京電力福島第1原発事故で廃園に追い込まれた福島県双葉町の「双葉ばら園」が、富山県氷見市の西洋風庭園「氷見あいやまガーデン」で再現された。植栽されているのは、双葉ばら園で長年親しまれた「オールドローズ」や、原発事故の中、唯一生き残ったオリジナル品種など。ガーデンの関係者は「避難を続ける皆さんを勇気づけたい」と復興へ思いを込める。

 同原発から西約8キロにある同園は、園主の岡田勝秀さん(74)が1968年に開設。約6万平方メートル…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです