メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・上毛

被爆地の中間で「廃絶」叫ぶ 第3の発信地に

被爆樹木の植樹が計画されている「大池公園」。東岸(左側)が「広島ゾーン」、西岸(右側)が「長崎ゾーン」=福岡県上毛町で2018年8月17日、津島史人撮影

 福岡県上毛(こうげ)町は、広島市と、長崎市の原爆爆心地を直線で結んだちょうど中間地点(ともに直線で約150キロ)にある。このことに気づいた広島の被爆者から「核廃絶に向けた第3の発信拠点になってほしい」と求められたのを機に、町は原爆で焼かれても再び芽吹いたクスノキなど被爆樹木の苗を植樹することを決めた。来年8月の植樹をスタートに「核なき世界」へ向けたメッセージの発信を目指す。

 町に植樹を要請したのは、広島市西区の建築家、錦織亮雄(にしきおり・あきお)さん(80)。7歳で広島…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです