メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

「この試練は次につながる」 奈良、初戦敗退

全米オープン 女子シングルス1回戦(27日)

 最終セットは4-2でリードしたが、そこから勝ちきれないのが、今季4大大会で一勝も挙げられなかった奈良の現状を物語る。「状態が良くない中でもミスを少なくプレーしてきた相手との差」と奈良。メルテンスの2度の治療による中断もあってリズムに乗り切れず、2時間43分の熱戦の末に競り負けた。

     土壇場で粘りを発揮した収穫はあった。第2セットの5-6で迎えた第12ゲーム。マッチポイントを3度握られたがミスを恐れずにバックハンドの強打で巻き返した。「打ち合いにも引かなかった」とブレークし、タイブレークの末にセットも奪い、意地を見せた。

     今夏は体力強化による新たなスタイルを模索している。身長155センチの奈良はフットワークを生かしてラリー戦から勝機を探るタイプだが、今回は早いタイミングから積極的に前に出て強打で仕掛け、手応えをつかんだ。

     2013年の初出場から続けてきた初戦突破を逃し、奈良は「この試練は次につながると思う」と涙を流した。もがき苦しむ26歳は、はい上がるきっかけを見いだそうとしている。【浅妻博之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
    4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです