メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ブータンから初女子ボクサー「もっと練習を」

ブータン初のボクシング女子代表としてアジア大会に出場したタンディン・ラモ(左)=2018年8月26日

 【ジャカルタ武内彩】ジャカルタ・アジア大会のボクシング競技に、「幸せの国」ブータンから初めて女子選手が出場した。普段は首都ティンプーで学生生活を送るタンディン・ラモ(20)。26日のフライ級初戦で敗れ、「もっともっと練習しないと世界では戦えない」と悔しさを募らせたが、同国のボクシング史に新たな一歩を刻んだ。

 ブータンはスポーツが盛んとは言えず、ラモは「女子選手が少なくて、スパーリングの相手もいない」と嘆く…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです