メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大井競馬場

「ハンパないって賞」も 的場DAY開催

7152勝を挙げ、競馬の国内最多勝利記録を更新した的場文男騎手

 「大井の帝王」をみんなで祝福だ! 12日に通算7152勝を挙げ、地方競馬の最多勝利を記録した的場文男騎手(61)を祝う「的場DAY」が28日、大井競馬場で開催される。レース名が的場騎手にちなんだものになるほか、ファン230人との記念写真撮影や表彰式などがあり、的場騎手の魅力をたっぷりと楽しめる一日になる。

 「的場ハンパないって賞」「大井の帝王賞」--。全12レースのうち、あらかじめ予定されていた第7レースの「つばめ特別」以外の計11レースに的場騎手にちなんだ名前がつけられている。第3レースの「ファイブスター賞」は、赤地に白い五つの星をあしらった的場騎手の勝負服からとったもので、第5レースの「マトバダンス賞」は、全身を上下に動かして、踊るように馬を追う「的場ダンス」からついた。また、場内の投票所ではこの日限定の馬券「的バ券」も登場。勝負服の模様などをあしらった記念デザインが発券される。

 当日の確定前の馬券を提示すると的場騎手とのフォトセッションに参加できる権利が230人に当たる抽選会も実施される。フォトセッションは午後8時35分発走の最終レース「Thanks giving 7,152賞」の後に行われる。午後7時5分発走の第10レース「レジェンド賞」後は表彰式が行われる。そのほかにも、イベントが盛りだくさん。入場無料。詳細は、公式ウェブサイト(http://pluskeiba.com/events/matoba_day/)で。【中嶋真希】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです