メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

乾、吉田組が銀 新星ペア持ち味発揮 AS

デュエット・フリールーティン決勝で2位に入り銀メダルを手にする乾友紀子(右)、吉田萌=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、アーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)で乾友紀子(井村ク)、吉田萌(ザ・クラブピア88)組が92.1000点で、テクニカルルーティン(TR)との合計182.3363点で2位となり、2002年の立花美哉、武田美保組以来の優勝を逃した。中国が4連覇を飾った。

     6月に正式にペアを結成した2人にとって今大会はデビュー戦だった。前日のTRは「かなり緊張した」と吉田は話したが、2人の持ち味が存分に発揮されていた。緩急自在に操る脚技は見事にはまり、テーマの忍者を演じ切った。

     しかし、映し出された得点は90点台。採点競技で「大会ごとに違うのでなんとも言えない」と乾は気にするそぶりがなかったが、井村雅代ヘッドコーチは「もうちょっと出てもいいと思う」と振り返り、中国とは2.1738点の差がついた。

     過去の評価から一度できた「序列」を覆すのは容易ではない。その難しさを知る井村ヘッドコーチは東京五輪まで残り2年となるこの時期に、世界2位に定着する中国を「追い抜かしたい」と語っていた。結果はほろ苦いものとなったが、大舞台を経験した新星ペアにとっては確かな一歩となった。【村上正】

    デュエット・フリールーティン決勝、乾友紀子(左)・吉田萌組の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影
    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    2. 覚せい剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
    4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
    5. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです