メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米知事会議

23年ぶり開幕 両国の連携強化狙う

 日米両国の知事らが経済や人的交流などについて話し合う日米知事会議が27日、23年ぶりに東京都内のホテルで始まった。2日間の日程。

 会議冒頭であいさつした河野太郎外相は「米国の貿易赤字(削減に)は、関税が唯一の解決策ではない」と述べ、在米日本企業が米国人の雇用を増やし、米国の輸出を増やす方法があるなどと主張。保護主義に傾くトランプ米政権の通商政策をけん制した。

 会議は、トランプ政権の政策に両国から懸念が上がる中、日本側の提案で再開した。州政府に、日本の政府や…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文481文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです