メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

安倍合同選対本部長に橋本氏 改憲へ意欲

 安倍晋三首相(63)を支持する細田、麻生、岸田、二階、石原の5派閥と衆院竹下派などは週内に総裁選の合同選対本部を設置する。選対本部長には橋本聖子参院議員会長、事務総長には甘利明元経済再生担当相、事務局長には萩生田光一幹事長代行がそれぞれ就任することが内定した。

 首相は27日、福井、富山両県を訪問した。福井市で自民党福井県連の党員研修会に出席し「自衛隊の違憲論争に終止符を打とう。日本の独立と平和を守る自衛隊を(憲法に)明記したい」と述べ、憲法9条1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持)を維持しつつ自衛隊の存在を明記する改憲への意欲を改めて示した。また、財務省の決裁文書改ざんを踏まえ「再発防止策に全力を尽くし首相としての職責を果たす」と強調した。【村尾哲、古川宗】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです