メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水省初調査

農業資材の価格差、最大5.5倍も

 農業用資材の販売価格に最大5.5倍の差があることが27日、農林水産省の調査で明らかになった。農家が購入する資材価格が不透明だという指摘があり、初めて実施した。農家は価格を比較し、資材の購入に役立ててほしいとしている。

 農業用ハウスや肥料、農薬などの資材価格の引き下げを目指す農業競争力強化支援法が施行から1年になるのを機に調査した。農水省は「販売価格の幅は大きい」と指摘したが、不当な価格設定があるのかなど要因については判断を示さ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです