メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浄水設備

地下水浄化、災害で脚光 地震に強く導入相次ぐ

 地下水をろ過し飲料水として供給する浄水設備が、災害を機に脚光を浴びている。地震に強く、公共の水道が止まっても安定して飲料水を確保できるためだ。災害時に業務を早期に復旧させる有力な手段として認知されつつあり、導入する病院や企業が相次ぐ。今後も需要は拡大しそうだ。

 三菱ケミカルホールディングス傘下のウェルシィ(東京)は、地下水を独自の膜技術でろ過する設備の普及に注力する。2011年の東日本大震災以降、災害に備えた発注が増え、1200を超す病院や企業などに納入した。同様の事業を手掛けるJパワー(電源開発)の設備は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです