メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都内

自動運転タクシー実証実験 実用化へ期待と課題

 東京都内で27日、自動運転車両を用いたタクシーの実証実験が始まった。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年の実用化を見据え、各地で自動運転バスやタクシーの実証実験が活発化しているが、事故の責任を巡る法整備など課題も多い。

 タクシー大手の日の丸交通と、ロボットベンチャーのZMPが、東京都などの協力を得て実証実験を開始。初日の27日は、あらかじめ決められた大手町-六本木間の約5.3キロのコースを3往復し、公募で当選した乗客が利用した。料金は片道1500円。実際に客から運賃を徴収する自動運転タクシーの営業走行は世界で初めてという。

 車両には安全のため運転手と技術者が同乗したが、アクセルやハンドル、ブレーキはシステムが操作。車線変…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1027文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 露大統領 プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです