メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

配車サービス「滴滴出行」で殺人 サービス一時停止

 【上海・工藤哲】中国の大手配車サービス「滴滴出行」は27日、利用した女性客が運転手に殺害される事件が24日に起きたことを受けてサービスを一時停止した。滴滴はスマートフォンで気軽に車を呼ぶことができるシステムで中国全土で利用が拡大しているが、5月にも同様の事件が起きており、同社の管理体制が激しい批判を浴びていた。

     中国メディアによると、女性客(20)は24日、友人の誕生日を祝うため中国東南部・浙江省の楽清市内から永嘉県に向かう途中、運転手の男(27)に人通りの少ない山道に連れて行かれた。女性は助けを求めるメッセージを友人に送り、友人も同社に7度通報したが、女性はその後、男に刃物で殺害された。

     男は逮捕され、多額の借金があったことが判明した。同様の事件が再発したことで、同社の安全管理への批判が続出。同社は「責任を感じている」とし、2人の幹部を免職処分にした。政府は安全管理や運転手への指導を徹底するよう求めている。

     中国メディアは、「滴滴」のサービスで過去4年間に50件の性犯罪事件が起きたと伝えている。このサービスは、自家用車を使って有料で客を運ぶもので、相乗りもできタクシーよりも値段が安い。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
    4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです