メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さくらさん死去

まるちゃんはももこさんそのもの

「ちびまる子ちゃん」の原画イラスト(C)M.S

 「小さい頃から漫画が大好きで、いつも漫画を描いていました」。乳がんのため15日に死去した漫画家さくらももこさんは、デビュー30年のインタビューで、こう話していた。漫画はテレビアニメ化され長寿番組に。独特の語り口のエッセーもミリオンセラーとなる、国民的な人気だった。

 1986年に連載がスタートした「ちびまる子ちゃん」の主人公まる子は、朝寝坊で忘れ物が多く、怠け者でお調子者。その姿は、小学校のころ「休み時間や放課後に、友達と遊ぶのが大好きだった」という、さくらさんそのものだった。

 まる子を中心に、70年代の日本の家族、お茶の間で家族が交わす何げない会話や、個性的な友達との日常を…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです