メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

御嶽海が東関脇、大関昇進に「2桁以上の白星」

記者会見で新番付表を手に笑顔を見せる御嶽海=東京都墨田区の出羽海部屋で2018年8月27日、和田大典撮影

秋場所新番付を発表

 日本相撲協会は27日、大相撲秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表し、7月の名古屋場所で初優勝した御嶽海が東関脇に就いた。小結だった夏場所で9勝、西関脇の先場所に13勝を挙げた御嶽海は初の大関取りに挑む。大関昇進の目安は「三役で直近3場所33勝」とされており、2桁以上の白星が必要になる。

 3横綱は4場所連続で同じ序列になった。8場所連続休場中で秋場所に進退をかける考えを示している稀勢の…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです