メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

御嶽海が東関脇、大関昇進に「2桁以上の白星」

記者会見で新番付表を手に笑顔を見せる御嶽海=東京都墨田区の出羽海部屋で2018年8月27日、和田大典撮影

秋場所新番付を発表

 日本相撲協会は27日、大相撲秋場所(9月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表し、7月の名古屋場所で初優勝した御嶽海が東関脇に就いた。小結だった夏場所で9勝、西関脇の先場所に13勝を挙げた御嶽海は初の大関取りに挑む。大関昇進の目安は「三役で直近3場所33勝」とされており、2桁以上の白星が必要になる。

 3横綱は4場所連続で同じ序列になった。8場所連続休場中で秋場所に進退をかける考えを示している稀勢の…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです