メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

残った8人疲労ピーク バスケ日本4強ならず

イランに敗れ、28日の5~8位決定予備戦へ

 ジャカルタ・アジア大会の第10日の27日、バスケットボール男子の準々決勝があった。日本は強豪・イランに67-93で敗れ、4強入りはならなかった。28日の5~8位決定予備戦に回る。

 パワーと体格で勝る相手に果敢に挑み、速さでボールを奪った。正確なパスで一時は2点差まで追い上げた。35-42で迎えた後半は再び突き放された。

 8人の疲れはピークだった。選手4人が大会期間中の買春行為で代表認定を取り消され、残る選手で試合に臨んできた。練習では5対5での戦術確認ができず、試合での控え選手は3人のみ。

 この日、後半は疲れから動きも悪くなった。13得点を挙げたガード中村太地(法大)は「後半はバテたところがあった。(4人の問題で)バスケが注目されているからこそ、勝利という結果がほしかった」と悔しがった。

 選手たちの全力プレーに会場からは拍手が送られた。エルマン・マンドーレ・コーチは「疲れを言い訳にするつもりはない。できるだけ高い順位になれるように、もう一度100%を出してもらう」と話した。【円谷美晶】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです