メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バドミントン高橋・松友組敗れる

女子ダブルス決勝で中国ペアと対戦する高橋礼華、松友美佐紀組=ジャカルタで2018年8月27日、宮間俊樹撮影

48年ぶりの金メダルを逃す

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、バドミントンの女子ダブルス決勝があり、2016年のリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が17年の世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組(中国)に0-2で敗れた。

     高橋、松友組は14年の仁川大会(韓国)に続いて2大会連続の銀メダルとなった。この種目の日本勢では、1970年バンコク大会の相沢マチ子、竹中悦子組以来、48年ぶりの金メダルを逃した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです