メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バド銀のタカマツ組、目標「2年後の一番」

女子ダブルス決勝で中国ペアとの対戦でサーブミスし手で顔を覆う松友美佐紀(手前)。奥は高橋礼華=ジャカルタで2018年8月27日、宮間俊樹撮影

日本勢48年ぶりの優勝ならずも多くの収穫を得る

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、バドミントンの女子ダブルス決勝があり、2016年のリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は17年世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組(中国)に敗れて、2大会連続の銀メダルだった。日本勢48年ぶりの優勝はならなかった。

 高橋、松友組は新たなことに取り組んでいた。目先の勝敗より新たな引き出しを作ることだ。松友が前衛で試…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです