メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バド銀のタカマツ組、目標「2年後の一番」

女子ダブルス決勝で中国ペアとの対戦でサーブミスし手で顔を覆う松友美佐紀(手前)。奥は高橋礼華=ジャカルタで2018年8月27日、宮間俊樹撮影

日本勢48年ぶりの優勝ならずも多くの収穫を得る

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、バドミントンの女子ダブルス決勝があり、2016年のリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は17年世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組(中国)に敗れて、2大会連続の銀メダルだった。日本勢48年ぶりの優勝はならなかった。

 高橋、松友組は新たなことに取り組んでいた。目先の勝敗より新たな引き出しを作ることだ。松友が前衛で試…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 訃報 中尾栄一さん88歳=元自民党衆院議員
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです